ヨーロッパ-ドイツ

ハイデルベルガー憩いの場【ネッカーヴィーセ】

セントラルパークがニューヨーカーにとっての憩いの場なら、ネッカーヴィーセはハイデルベルガーの憩いの場です。(サイズ感はかり間違えた例え出してきたで) 学生の街ハイデルベルクならではの若者が仲間同士で集まってBBQしていたり、芝生に寝転がったカッ…

【ちょっと背伸びして欧州料理】Weisser Bock【ハイデルベルクの上品レストラン】

当ブログは子連れでのお出かけに特化したブログなのに、子連れにはちょっと敷居の高いレストランに行ってしまいました。 ハイデルベルクで口コミ評価の高いこちらのお店に伺ったのは、平日の開店間もない早い時間。 「確かこの通りにあったはず・・・」と探…

【ハイデルベルクで出会うドイツ料理】Palmbräu Gasse

ハイデルベルク城に行って、お腹がペコペコになり旧市街に下りてきました。 とにかく何か食べたい。あてもなく歩いていて偶然良いお店を発見しましたので紹介します。 みんなお腹が空きすぎて、この際食べられたら何でも良かったのだけど、幸運にも正統派ド…

ドイツ・ロマン主義の象徴【ハイデルベルク城】

ハイデルベルク城に行って来ました。 同行したのは次男、義母、義弟、義弟の友人、全員初めてのハイデルベルク城観光です。 訪問した日は6月とは思えないほどの夏日になり、暑い!というよりは日差しが容赦なく強く、ジリジリと焼かれる我々。帽子無しで来て…

【古城に泊る】ドイツに行ったら体験したい!【ユースホステル4選】

ドイツには観光街道として有名な古城街道がありますが、古城街道に限らず各地に大小さまざまなお城、城跡が残っています。 私が住んでいる所でも少し山がちな地域を車で走れば、小高い場所には、必ずと言っていいほど城的な建物がある! 日本だけでなくアジ…

【素敵が過ぎる!】普通じゃないドイツのユースホステル 4選

前回はリーズナブルな旅行に使えるドイツのユースホステル事情について書きました。 www.takimama.com そこで今回は500以上あるドイツのユースホステルの中でもちょっと変わった、面白い、個性的なユースホステルを厳選してお届けします。 利用においてはユ…

ドイツのユースホステルって実際どうなの?【DJH】

ドイツ語ではJugendherbergen(ユーゲントヘアベルゲ)と呼ばれ、ドイツ国内のユースホステルの数は世界一多い、500以上の施設があります。 なぜか? ドイツはユースホステル発祥の地なんです。 ドイツの小学校教師リヒャルト・シルマンは児童を連れて課外授業…

ハイブリッド動物園【Zoologischer Stadgarten Karlsruhe】

カールスルーエ中央駅の真ん前にある交通至便な動物園です。子どもと一日遊べる、庭園と動物園が合体したハイブリッドな動物園に行って来ました。 カールスルーエの中心街は中央駅からは少し離れていて、トラムに乗って10分くらいの所に街の中心が集まって…

あなたが知らないかもしれないドイツ旅行の注意点。

知人が日本からドイツに来ることになりました。 2週間ほどの滞在ですが、これは来る前にお知らせしないといけないかも。と思ったことをメールに書いていて、ドイツに来る人には出来るだけ多くの人にお知らせした方がいいんじゃないか。と思った案件だったの…

【リングツアー】ライン河畔の街をめぐる。リューデスハイム~アスマンズハウゼン

カンちゃん親子とTAKIちゃん親子の旅。最終日です。 朝から前日の残りのピザを食べて、リューデスハイムに向かいました。 わりと中心部に近いところに駐車場を見つけて、ロープウェイ乗り場へ。 天気も良くて、暑いくらい。この前来た時よりだいぶ人も多いよ…

【サッカーでゴルフって?】OUTDOORPARK  Lausch Hütte

マインツから車で40分、『アウトドアパーク ラウシュヒュッテ』に行って来ました。 マインツからビンゲン方面に向かい、高速を降りてからはまわりに何もない道をしばらく走ります。 公共交通機関はないので車でのアクセスに限られますね。 天気が良かった…

【カジュアルに寛ぐ】アトリウムホテル マインツ

Atrium Hotel Mainz 最初に書いておきますが、マインツ中心部からはだいぶ距離があり、公共交通機関も近くにないので車でのアクセスが前提です。 タクシー利用という手もありますが、連泊の場合では外出するたびにいちいち手配しないといけないのであまり現…

【ママ友の誘い】再び マインツ。それからビンゲンへ。

ある時、ママ友のカンちゃん(仮名)からメッセージが届きました。 カンちゃん:「来月の4連休にどっかいこや?」 私:「え?行く、行く!絶対行く。どこ行く?」 カンちゃん:「いくつかプラン考えてメールするわ。」 カンちゃんは台湾人で、ドイツ人の夫と結…

ファスト・スポーツ・ファッション【DECATHLON】

何日かブログを放置してしまいました。 なぜなら、草むしりせんとあかんかった。 家の前と中庭と一日かけて仕事して、一晩寝て起きたらまた草がモッサモサに伸びていてげんなりしています。 草木が勢いづく季節がドイツにもやって来ました。 まだまだ春うら…

【BIOってナニ?】ドイツのオーガニックスーパー【Alnatura】

オーガニックが生活に浸透しているドイツで、売り上げも店舗数も右肩上がりに伸びているオーガニックスーパーです。 中型のスーパーマーケットで、生鮮食品から酒類、日用品、化粧品まで何でもあって、オーガニックでここまでの品揃えはさすがオーガニック先…

【コスパよし!】マインツ駅前の便利ホテル【Hotel Königshof】

マインツ中央駅の前にある、ホテルケーニヒスホフです。 ケーニヒスホフの『ケー』の部分を『ク』の口の形で発音すると伝わりやすいと思います。 長男、次男と3人で一泊し、次の日、マインツから鉄道で出かける予定だったので、とにかく駅に近い所を探しま…

ヴィースバーデンのアスレチックに挑戦【Kletterwald Neroberg】

子どもとヴィースバーデンに行って来ました。温泉保養地として発展した街、ヴィースバーデン。美しい街並みと、温泉で有名です。ライン川をはさんでマインツの対岸に位置し、交通の便も良くフランクフルトからも日帰りで行くことが出来ます。 ヴィースバーデ…

【ドイツ鉄道】迷走するDBの悲哀。

ドイツ鉄道。 Deutsche Bahn(ドイチェ・バーン) 通称 『DB』と呼ばれます。 日本のJR。ドイツのDB。 ドイツに旅行に来たらお世話になる可能性の高いDBですが、JRと同じように考えてはいけません。 まぁ 遅延の多い事! ドイツ人て時間に正確じゃなかったの?…

【大事なのは機動性】子連れ小旅行の装備は如何に。

日本でGWの頃、ドイツでも長男の学校は2週間の休みでした。 ドイツはイースターです。 で、日本では平成が令和に変わる頃に私も子ども2人連れて小旅行に行きました。 前回までに書いたヤツです。 ぶっちゃけると、マインツで前泊しているので全行程は2泊…

【子連れコブレンツの一日】Kletterspielplatz Fort Bleidenberg【ライン下り⑥】

今日は子どもと遊ぶ日。 車で来ていた友人に荷物を預かってもらい、大人3人 子ども5人で出発! ユースホステル前の遊具にハマっていきなり動かない子ども達。 何もなくても似た年頃の子が5人集まれば楽しいもんねぇ。 Deutsches Eck ドイツの角 ユースホステ…

【Koblenz】君は要塞ユースにたどり着けるか。【ライン下り⑤】

コブレンツに時間通りに到着しました。 雨です。 20時過ぎ、食事は船内で食べたので後は寝るだけ、すぐにでも宿にたどり着きたい所ですが今夜の宿は対岸の山の上にある要塞の一部を利用したユースホステル。 そこに向かうには船着き場からワンブロック歩い…

雨のラインクルーズ ビンゲンからコブレンツへ。【ライン下り④】

今回の旅のハイライト、ラインクルーズの船が到着! 16時30分 ビンゲン発 20時10分 コブレンツ着 3時間40分の船旅。 長いな。 区間はもともとコブレンツまでと決めていて、時間をどうしようかなーと思っていましたが、早い時間はこの区間の予約が…

【Bingen】ライン川沿いに広がる公園が楽しい!【ライン下り③】

船の時間が迫ってきました。 線路を越えて船の乗り場に向かう次男、手にはまだアイス。 リューデスハイムから対岸の街ビンゲンに渡る船に乗ります。 今から乗るのはこの船。 「あー!!黄色の傘のついた船だ!!」と子ども達が大興奮。 これいろんな船が行き…

【Rüdesheim am Rhein】ワイン畑を背負うライン河畔の街【ライン下り②】

はい、リューデスハイムです。 ライン川に面してかわいらしい街並みとワイン畑が広がり、ラインクルーズの船が多く発着するので、街の規模に対してたくさんの観光客が訪れるようです。 フランクフルトからも近いので、ここをラインクルーズの起点にする人は…

リューデスハイムに到着したら鴨の親子の引っ越しに遭遇した。【ライン下り①】

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 ユネスコ世界遺産にも登録されている、ライン川流域のリューデスハイムからコブレンツまで、母子3人で旅して来ました。 ライン渓谷中流上部(ラインけいこくちゅうりゅうじょうぶ、Reine Gorge)は、ドイツの世界遺…

【バルト海】ドイツには北部にしか海がありません。

夏の短いドイツで、日差しが少し強くなってくるとドイツ人家族が大挙して押し寄せるのが、ドイツ北部の海岸線 バルト海です。 日本と比べて真夏でもそんなに暑くはならないので、海に入ってガンガンに泳ぐスタイルではなく ビーチで日光浴、ボートでぷかぷか…

【イースター】エッグハントに狂喜するドイツの子ども達

今回はお出かけではなく、ドイツの子ども達にとって楽しみで仕方がない日 イースターについてです。 イースターはドイツ語ではOstern(オースタン)といい、国民的な祝日として学校も仕事も休みになります。 復活祭(ふっかつさい、ギリシア語: Πάσχα、ラテン…

【SIGG】ドイツで買った水筒、あれっと思ったので調べてみた。

以前に書いた記事で紹介した長男の使っている水筒。 www.takimama.com スイスのSIGGというメーカーのものです。 同じ商品のリンクを記事内に貼ったのだけど、よく読んでみると使われている素材が違うかもしれない。 長男の水筒はステンレス素材なんです。あ …

【外で遊ぼう!】私の考える子供服。寒い季節編

前回に引き続き子どもに着せているものを紹介します。 私達の住んでいるドイツは緯度で見ると北海道くらいに位置し、北国です。 積雪量はそんなに多くないものの、9月末くらいから4月くらいまで天気の悪い日が多く、寒いです。 ですので日本で子育てされて…

【機能性重視】私の考える子供服。暖かい季節編

今回は普段子どもが身につけている物で、選んで良かったもの、気に入っているもの、私が気を付けている事などを紹介します。 お出かけに限らず、学校や幼稚園に行く時など普段からよく使っている物です。 頂いたお下がりや、リサイクルショップで買ったもの…