【Koblenz】君は要塞ユースにたどり着けるか。【ライン下り⑤】

f:id:AkiReisen:20190506165819j:plain

コブレンツに時間通りに到着しました。

雨です。

 

20時過ぎ、食事は船内で食べたので後は寝るだけ、すぐにでも宿にたどり着きたい所ですが今夜の宿は対岸の山の上にある要塞の一部を利用したユースホステル。

そこに向かうには船着き場からワンブロック歩いた先のケーブルカーに乗っていけば近くまで行けます、しかしこの時間はもう営業が終了していました。

タクシーを拾えるかもしれないと思って、近くの車の多い通りまで出ますがタクシーを捕まえられそうなところは見当たりません。

だよね、ドイツだもんね。

 

前日にネットで調べてメモっておいたタクシーに電話します。

しかし自分たちが今いる場所を上手く伝えることが出来ません。

なんとか近くの大きな看板を伝えて、「5分で行きます。」と言ったタクシーを待つ。

10分くらい待つとタクシーが近くを通りがかったので大きく手を振って合図。

キュっとなんか不自然に止まったぞ?

運:「あなたの言った場所はここではない。だから通過して行ってしまう所だった。」

どうやら伝えた場所が間違っていたようです。

って、コブレンツ初めて来たし、現在地がどこなのかさえ分からないからね。

これを電話で、しかもドイツ語で伝えるって難しいよね。

たまたまここを通りがかったから良かったよ。

 

タクシーの運転手も、顔立ちからどうやらインド系の外国人のようです。

要塞のユースホステルに行きたいと言うと、それはすぐに分かったようで迷いなく車を発車させます。

ドイツのタクシーは厳しい規制があるからか、道をわざと遠回りしたり、料金を不正請求したりといった悪質なタクシーは見かけません。

この人のように外国人の運転手も多いけれど、安心して利用できます。

山の上に向かう途中、運転手さんに出動要請の電話が掛かってきました。

スピーカーにしているので内容がよく聞き取れます。

 

客:「英語話せる?タクシーに乗りたいんだけど、来てくれる?」

運:「英語はチョット、うーん 話せない」「今どこにいますか?街中だと10分ほど待ってもらわないといけません。テ、テンミニーツ」

客:「今どこにいるか分からないんだよね。どこかな、ここ」

 

私みたいのがおった。

 

運:「道の名前分かる?ストリート?アドレス?」

客:「道?分からないなぁ。あ!キノって書いてる!映画館だよ。」

運:「映画館?映画館なんだね?分かった、テンミニーツ」

 

これで無事に会えたのでしょうか?

観光地のタクシードライバーもたいへんな仕事ですね。

 

そのやり取りが終わるころに、私達の目的地の要塞に着きました。

チップも含めて20€。想定内の料金です。

時間的に次男が船で寝てしまう可能性が高かったので、バスや歩くことは想定していなくて、タクシーを使うつもりでいたので、ちゃんと予定通り。

次男、意外にも起きてるし。

車が停まったところはなんか近代的なインフォメーションセンターみたいな建物の前で、ユースホステルらしき建物は見当たりません。

ほんとにここで合ってるの?

 

運:「ここの下だから。誰かに聞いて。」

 

下って、地面だよ。誰もいないよ。

 

でもテンミニーツで行かないといけないから、時間取らせちゃ悪いと思ってバイバイしました。

f:id:AkiReisen:20190506173402j:plain

要塞

とにかく下というか下る方向に進むことにした。

日が暮れてきたからね、雰囲気あるね。要塞。誰もいないね。

 

ここで探すのめっちゃ大変やん!看板なんかもないし。

これは想定外。

f:id:AkiReisen:20190506173652j:plain

f:id:AkiReisen:20190506173801j:plain

不思議のダンジョンかよ!

今、こんなイベントいらん。早く寝たい。

 

次男が寝てなくてホント良かった。これで寝ている次男抱えてたら動けない。

長男はどんどん不安になってきて、発狂寸前。

私は強がりでも「大丈夫、大丈夫。進んで行けば道は開ける。」などと言いながら進むしかない。

ホントに誰もおらんな。

 

やっと 開けた!

そこに人も居る~!!

その人に駆け寄って道を聞く長男。

もうだいぶ近いね。人が居て良かったね。

 

やっとたどり着いたユース。

要塞のある敷地の一番奥にありました。

一般車は入れないので、入場券を販売している案内所からは歩きです。

ユース利用者はこの要塞エリアの入場券代も宿泊料に含まれています。

 

ここでお友達家族と合流しました。

久しぶりだったので少しだけ顔合わせして、部屋へ向かいます。

もう21時だぜ。

f:id:AkiReisen:20190506174807j:plain

f:id:AkiReisen:20190506174927j:plain

一般的なユースホステルの部屋。

2段ベッドが2台の4人部屋。

室内にシャワー・トイレがあって、タオルも付いていたのが助かりました。

この時間からセルフのシーツ掛けをして(3人分)、すぐに就寝です。

 

2人とも上の段で寝てくれたので、久しぶりに添い寝ではなくひとりでゆっくり眠れました。

f:id:AkiReisen:20190506175428j:plain

f:id:AkiReisen:20190506175611j:plain

快晴!

 翌日はみんなで朝食を食べて、すぐ出発の準備です。

9時半チェックアウトだからね。早い。

 

ユースホステルの会員証が期限切れだったので、新しく作り直します。

それも含めて一泊朝食付きで47€。

タクシー代を考えても、まぁまぁ安い。

多分、長男は子供料金で、次男は無料なんだと思う。

家族連れで大人数で一部屋を利用したい場合なんかはユースホステルは使えます。

公式サイトで予約もできる。(たしか予約画面で英語にも切り替わるはずです。)

https://www.diejugendherbergen.de/jugendherbergen/Koblenz/portrait

 

お友達家族と一緒に、今日は一日思いっきり遊ぶぞ。

 

次回は、コブレンツの子連れにぴったりな公園で弾けます。

 

 

 

 

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

 

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村