【百の谷】チェントヴァッリは二国をまたぐ。

イタリア北部、スイス南部にまたがる渓谷はチェントヴァッリ(百の谷)と呼ばれ、山肌に小さな村が張り付くように点在する素朴な風景が見られます。 夏には高級保養地としてヨーロッパ中から観光客を集めるマッジョーレ湖の北西部に位置します。 公共交通機関…

【平家の隠れ里】祖谷渓谷 徳島県

1184年屋島の戦いで源氏に敗れた平氏一門、幼い安徳天皇が祖母である二位尼に抱かれて、西の海に身を投げたという話は有名で、それが平家の最期であったと語り継がれています ところが海に入水した安徳天皇は影武者で、本物の安徳天皇は平国盛に守護され祖谷…

【BIOってナニ?】ドイツのオーガニックスーパー【Alnatura】

オーガニックが生活に浸透しているドイツで、売り上げも店舗数も右肩上がりに伸びているオーガニックスーパーです。 中型のスーパーマーケットで、生鮮食品から酒類、日用品、化粧品まで何でもあって、オーガニックでここまでの品揃えはさすがオーガニック先…

【コスパよし!】マインツ駅前の便利ホテル【Hotel Königshof】

マインツ中央駅の前にある、ホテルケーニヒスホフです。 ケーニヒスホフの『ケー』の部分を『ク』の口の形で発音すると伝わりやすいと思います。 長男、次男と3人で一泊し、次の日、マインツから鉄道で出かける予定だったので、とにかく駅に近い所を探しま…

ヴィースバーデンのアスレチックに挑戦【Kletterwald Neroberg】

子どもとヴィースバーデンに行って来ました。温泉保養地として発展した街、ヴィースバーデン。美しい街並みと、温泉で有名です。ライン川をはさんでマインツの対岸に位置し、交通の便も良くフランクフルトからも日帰りで行くことが出来ます。 ヴィースバーデ…

【ドイツ鉄道】迷走するDBの悲哀。

ドイツ鉄道。 Deutsche Bahn(ドイチェ・バーン) 通称 『DB』と呼ばれます。 日本のJR。ドイツのDB。 ドイツに旅行に来たらお世話になる可能性の高いDBですが、JRと同じように考えてはいけません。 まぁ 遅延の多い事! ドイツ人て時間に正確じゃなかったの…

【大事なのは機動性】子連れ小旅行の装備は如何に。

日本でGWの頃、ドイツでも長男の学校は2週間の休みでした。 ドイツはイースターです。 で、日本では平成が令和に変わる頃に私も子ども2人連れて小旅行に行きました。 前回までに書いたヤツです。 ぶっちゃけると、マインツで前泊しているので全行程は2泊…

【子連れコブレンツの一日】Kletterspielplatz Fort Bleidenberg【ライン下り⑥】

今日は子どもと遊ぶ日。 車で来ていた友人に荷物を預かってもらい、大人3人 子ども5人で出発! ユースホステル前の遊具にハマっていきなり動かない子ども達。 何もなくても似た年頃の子が5人集まれば楽しいもんねぇ。 Deutsches Eck ドイツの角 ユースホステ…

【Koblenz】君は要塞ユースにたどり着けるか。【ライン下り⑤】

コブレンツに時間通りに到着しました。 雨です。 20時過ぎ、食事は船内で食べたので後は寝るだけ、すぐにでも宿にたどり着きたい所ですが今夜の宿は対岸の山の上にある要塞の一部を利用したユースホステル。 そこに向かうには船着き場からワンブロック歩い…

雨のラインクルーズ ビンゲンからコブレンツへ。【ライン下り④】

今回の旅のハイライト、ラインクルーズの船が到着! 16時30分 ビンゲン発 20時10分 コブレンツ着 3時間40分の船旅。 長いな。 区間はもともとコブレンツまでと決めていて、時間をどうしようかなーと思っていましたが、早い時間はこの区間の予約が…

【Bingen】ライン川沿いに広がる公園が楽しい!【ライン下り③】

船の時間が迫ってきました。 線路を越えて船の乗り場に向かう次男、手にはまだアイス。 リューデスハイムから対岸の街ビンゲンに渡る船に乗ります。 今から乗るのはこの船。 「あー!!黄色の傘のついた船だ!!」と子ども達が大興奮。 これいろんな船が行き…

【Rüdesheim am Rhein】ワイン畑を背負うライン河畔の街【ライン下り②】

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 はい、リューデスハイムです。 ライン川に面してかわいらしい街並みとワイン畑が広がり、ラインクルーズの船が多く発着するので、街の規模に対してたくさんの観光客が訪れるようです。 フランクフルトからも近いので…

リューデスハイムに到着したら鴨の親子の引っ越しに遭遇した。【ライン下り①】

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 ユネスコ世界遺産にも登録されている、ライン川流域のリューデスハイムからコブレンツまで、母子3人で旅して来ました。 ライン渓谷中流上部(ラインけいこくちゅうりゅうじょうぶ、Reine Gorge)は、ドイツの世界遺…

【動物が近い!】みさき公園 大阪府泉南

みさき公園は関空の南、大阪府と和歌山県の境付近 岬町にある複合型レジャー施設です。 園内にはイルカショーも行われる水族館、動物園、遊園地、夏季限定のプールなどの施設があります。 当時2歳の次男と、イルカが大好きな友人、名付けてイルカ姫と行った…

【バルト海】ドイツには北部にしか海がありません。

夏の短いドイツで、日差しが少し強くなってくるとドイツ人家族が大挙して押し寄せるのが、ドイツ北部の海岸線 バルト海です。 日本と比べて真夏でもそんなに暑くはならないので、海に入ってガンガンに泳ぐスタイルではなく ビーチで日光浴、ボートでぷかぷか…

【イースター】エッグハントに狂喜するドイツの子ども達

今回はお出かけではなく、ドイツの子ども達にとって楽しみで仕方がない日 イースターについてです。 イースターはドイツ語ではOstern(オースタン)といい、国民的な祝日として学校も仕事も休みになります。 復活祭(ふっかつさい、ギリシア語: Πάσχα、ラテン…

【ベルギー】裸足で歩くと?【Hoge Kempen National Park - Lieteberg】

ベルギーは Zutendaal(ズーテンダール)にある一風変わったナショナルパークです。 パーク内にトレイルがあるのですが、これを裸足で歩きましょう。というアクティビティをやっています。 私達が行ったのは2016年春。 まだまだ肌寒い季節で、裸足で長時間…

【ハイデルベルグ】遊べる動物園 Zoo Heidelberg

子どもと一日遊べるハイデルベルグの動物園。 トラもゾウもシロクマもいる比較的大きな動物園です。 2018年春に8歳長男、3歳次男と行って来ました。園内に充実した遊具広場があって、赤ちゃんから大人まで楽しめます。 私達は入園してタイミング良くオ…

【大阪の定番】子どもの室内遊び場【ATCあそびマーレ】

大阪 南港ATCにある室内遊び場です。 対象年齢は12歳まで。 夏は熱中症が心配だし、冬は寒いしで外遊びが出来ない時ってありますよね。 そんな時はこういった室内で子どもが思いっきり遊べる施設はありがたい。 現在拡張されて、4階と5階部分に施設が…

【チロル】アルプスど真ん中【インスブルック】

インスブルックはオーストリア チロル州の州都で、まわりを山に囲まれており冬にはウィンタースポーツの一大基地となるヨーロッパアルプスの都市です。 長野県松本市大町町とは姉妹都市。 過去に2回冬季オリンピックを開催しているので、インスブルックの人…

【オーストリア】いちご狩りに行こう!【インスブルック】

みなさんはイチゴ好きですか? 我が家は家族全員イチゴが大好きです。 そんな我が家の長男がまだハイハイの頃によく行ったいちご狩りが出来る農園を紹介します。 場所はオーストリアのインスブルック。 ははは、遠いですね。 まぁ、ヨーロッパでもいちご狩り…

【日本の原風景】世界遺産 白川郷

2018年 岐阜県の白川村にある白川郷を訪れました。 ユネスコの世界文化遺産に登録されている、『日本昔話』が現実にあるかのような合掌造りと呼ばれる茅葺屋根の家が並ぶ集落です。 集落とは書いたものの、世界遺産登録されている地域は白川郷に限っても…

飛騨高山の古い街並み

高山市の中心市街地には江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全、再生されており、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれています。 高山市 - Wikipedia そんな飛騨高山へ義両親と8歳長男3歳次男と行った時のレポートです。 www.hidatakayama.or.jp JR高…

【Bratar】 カールスルーエ

この記事にどれだけの人が興味あるのか 全く確信が持てませんが私は『このお店使える!』と思ったので書いてみます。 bratar.de ドイツ語のみ。 要約すると、 近隣の契約農家から仕入れた食材を使っています。 朝一番に仕入れたお肉は職人によって仕込まれ、…

【丸明】飛騨高山店

霜が降り過ぎ! 岐阜県高山市にあるおいしい飛騨牛の食べられるお店【丸明】 実はお店に訪問した日の朝に飛騨牛肥育農家を見学させてもらい、そこで教えてもらったお店です。 もちろんこの肥育農家さんも【丸明】さんと契約されています。 まずは農家で聞い…

【中国郷菜館 大陸風】大阪市 天神橋筋商店街

ランチセット 南森町 天神橋筋商店街の中にある中華料理のお店です。 ホールもキッチンも本国の人で営業してるのでしっかり大陸からの風を感じられるお店。気取っていなくて親しみのある店内の雰囲気とスタッフの対応。 味は大衆的でありながら洗練されてい…

【大阪市立自然史博物館】大阪市

次男が気に入り一カ月の間に3回も行きました。 入場料が大人300円で中学生以下が無料なのが最高!大阪湾に流れ着いたクジラの骨格。 デカい!平日に行くと高確率で近隣の学校の課外授業で来ている団体と遭遇します。 何校か重なると(だいたい同じ時間に…

【行って来ました!】レゴ・ディスカバリーセンター ベルリン

レゴ・ディスカバリーセンター ベルリン 入り口では巨大なレゴのキリンがお出迎え。 ベルリンのレゴ・ディスカバリーセンターへ行って来ました! 同行したのは長男8歳と次男3歳、二人ともレゴが大好きです。 ベルリンのレゴ・ディスカバリーセンターはポツ…

【赤ちゃん連れなら所在地確認!】ママに嬉しいドイツのドラッグストア『dm』の実力

今回、少し前のめり気味で紹介するのは、日用品などがそろう『dm』 デー・エム と読みます。ドイツ語でそのまんまです。 チェーンのドラッグストアで、小さな町でも郊外でも、街中でも至るとこで見かけます。 医薬品は置いてませんが、洗剤やペット用品 化粧…

【取説】ドイツ旅行でスーパーを使いこなすコツ

お買い物目的の旅行でなくてもスーパーに買い物ぐらいは行くことがあると思います。 ドイツのスーパーは営業時間や買い物のシステムの違いなど日本のスーパーとは異なり注意が必要なことがあります。 今回はお買い物疑似体験として注意点を書き留めたいと思…