ヨーロッパ

ブーツの踵で彷徨って【南イタリア・バーリと近郊の街】

みなさーん! 現在地は南イタリアですよ~。 イタリアをブーツの形に見立てると、ちょうど踵の部分にあたります。 前回はとんがり屋根の可愛いお家が並ぶ、世界遺産の街アルベロベッロを紹介しました。 www.takimama.com 続きまして今回は、南イタリアの港町…

【南イタリア】世界遺産の街・アルベロベッロ

イタリア・プーリア州にある、世界遺産の街『アルベロベッロ』です。 とんがり屋根の並ぶ可愛い街並みが世界中からの旅行者を呼び、南イタリア屈指の観光名所となっています。 こちらを訪れたのは、夫とふたり、2019年の1月と真冬だったのですが、子連れでも…

【スイス】海外スキー+子連れなら【ダヴォス・クロスタース】

前回までスイスのダヴォス・クロスタースのスキー場について書いてきました。 www.takimama.com この回ではまとめとして、家族連れで楽しむための方法、子連れ向きスキー場をランキング形式で紹介したいと思います。 ダヴォス・クロスタース公式サイト 家族…

ある意味別世界・ダヴォスのスキー場⑥【Schatzalp】

トーマス・マンの小説『魔の山』のモデルとなったサナトリウム(現在はホテル)がある場所、Schatzalp(シャッツアルプ)です。 ドイツ語でSchatzは宝、alpはアルプス。英語で"The Magic Mountain."とも呼ばれていますね、それを翻訳して『魔の山』としたのでし…

広すぎて迷子に注意・ダヴォスのスキー場⑤【Parsenn】

Parsenn(パルセン)はダヴォス・クロスタースで最大規模のスキー場です。 15機のケーブルカー、ゴンドラ、リフトに、12キロの最長コースを含む35のコース、総滑走距離は102キロにも及ぶ、けた外れの広大さを誇ります。 希望のゲレンデにたどり着くまでに2時間…

パウダーフリークの聖地・ダヴォスのスキー場④【Pischa】

人の手によるゲレンデ整備が行われないために、高い確率で自然のままのパウダースノーを滑ることが出来るスキー場Pischa(ピーシャ)を紹介します。 ダヴォスの街からは少し離れているので、人が少なく、新雪をたっぷり楽しめるスキー場です。 Davos Pischaの…

ファミリー向け・ダヴォスのスキー場③【Madrisa】

ダヴォス・クロスタースのクロスタースにあるスキー場、Madrisa(マドリーサ)です。 山の上のロープウェイ駅のそばに広いキッズ用スロープが用意されていて、家族向きのスキー場です。 このスキー場は当時住んでいた所からは一番離れていて、実は3回ほどしか…

玄人好み・ダヴォスのスキー場②【Rinerhorn】

Davos Rinerhorn(リーナァホルン)はダヴォスの街からは少し離れた所にあるスキー場です。リフトも麓から中間駅に上るロープウェイを除いて、全てTバーリフトで構成されていて、コースも中級以上向けが多いようです。 その為、いつも空いていて混雑とは無縁、…

スキー天国・ダヴォスのスキー場①【Jakobshorn】

Davosひとつ目のスキー場は、Jakobshorn(ヤーコブスホルン)です。 ダヴォスの主要な駅、ダヴォスプラッツから直結のロープウェイが出ていて、ローケーションが良く、北向きに斜面がある為、雪質が良い。ほとんど全てでロープウェイかチェアリフトなので、引…

【スイス】ダヴォス・クロスタース【パウダースノーが待っている!】

冬の楽しみ 冬のダヴォス・クロスタース。 スイス東部、グラウビュンデン州に位置する広大なスキーリゾートで、毎年冬に世界経済フォーラム、通称『ダヴォス会議』が開催される事でも有名です。 ヨーロッパ屈指の降雪量を誇り、冬の晴天率が高く、巨大なスキ…

【ドイツ3大クリスマスマーケット】子連れで行く時の注意点も!

クリスマスマーケットとはだいたい12月25日のキリストの生誕を祝うクリスマスまでの4週間、アドヴェント Advent と呼ばれる期間に開催される市のこと。 クリスマスマーケットはドイツ語で“Weihnachtsmärkte” ヴァイナハトマルクトです。 ドイツ各地で開…

猿の梢を渡る如し【Fun Forest AbenteuerPark Kandel】

以前、ヴィースバーデンのアスレチックに行ってからすっかり気に入ってしまった長男。 www.takimama.com 日曜日にちょうど夫も私も時間があったので、自宅から比較的近いこちらのアドベンチャーパークに家族みんなで行って来ました。 『Fun Forest Abenteuer…

【王の湖】とんでもなく美しい湖を見た。【Königssee】

ドイツ・バイエルン州にあるKönigssee(ドイツ語で王の湖の意)です。 日本語で発音すると「ケーニヒスゼー」となりますが、口の形を『ク』にして始めの『ケ』と発声すると伝わりやすいかと思います。 このKönigsseeがあるベルヒテスガーテンは、ドイツ最南最…

デュッセルドルフのタピオカ屋さん【Teamate】

画像引用元:teamate.eu/ 『タピオカ』ブームですね。 私は、第一次タピオカブームの時にまんまとハマり、以来15年くらいタピオカブームの中にいます。 タピオカドリンクってなんでこんな美味しいん??! 考えた人、絶対天才やろ。 ドイツではタピオカどこ…

【スイス】ヨーロッパいち高い!ビール醸造所の村【Davos Monstein】

スイス・ダヴォスにある人口190人の小さな村 Monstein(モンスタイン)には、ヨーロッパで一番標高の高いビール醸造所があります。 人口190人て、もう村と言うより集落ですね。 標高1625m地点にあるビール醸造所では、毎週金曜日の16時から19時まで一般に開放…

【アクセス楽々!】アイスフォールウォーク【Partnachklamm】

9月に入りましたが、日本はまだ暑いんでしょうか? ドイツはダウンジャケットが必要なくらい寒いです。 この容赦ない夏の終わり方、ドイツあるあるやな。 もしかしてまだまだ続く残暑に『もうええわ。』ってなっている人の為に、今回は南ドイツから、歩ける…

サステナブルな旅を求める人に【ドイツのBIOホテル5選】

BIO(ビオ)とはドイツで『オーガニック』の事を指します。 何でも、どんなものでもBIOとついていたら、それはオーガニックなのです。 www.takimama.com オーガニック先進国で、BIOが大人気のドイツにはBIOHOTELなるものが存在します。 今回は、そのBIOHOTELの…

ドイツでネットショッピングしてみた。【クロックス】

長男が1週間サマーキャンプに行っていて、持って行った衣類や道具がドロドロのボロボロになって帰って来たのですが、毎日履いていたお気に入りのサンダルも割れてしまいました。 底もすり減って穴が開きそうだし、もう駄目だ。 ここで紹介しているサンダルで…

【子連れでGO!】帝国自由都市ニュルンベルク【ドイツ】

ドイツ・バイエルン州。 歴史が紡ぐ物語に魅了される街、ニュルンベルクです。 前回まで、次男と旅したニュルンベルクの事をずらずら書いてきましたが、当ブログは子連れでのお出かけに特化したブログなんです。 ですので子連れニュルンベルクする人のために…

美味しいニュルンベルガーソーセージを求めて。【ドイツ・ニュルンベルク】

ニュルンベルクの名物料理と言えば、香ばしく焼き上げた人差し指大の小ぶりなソーセージ『ニュルンベルガーソーセージ』(Nürnberger Bratwurst)です。 他のドイツの街でも食べることが出来ますが、せっかくニュルンベルクに行ったのだから本場のニュルンベル…

【ドイツ・ニュルンベルク】お勧めホテルと治安情報。

ニュルンベルクには3泊しました。 初めてでしたが、旧市街は歩いて回れるほどコンパクトで、迷うことなく中央駅のすぐ前からアクセス出来てとても観光しやすい街でした。 4歳次男とふたり、車ではなく公共交通機関を使って観光するという事で、拠点となるニ…

【ニュルンベルク交通博物館】写真多め【ドイツ・ニュルンベルク】

4歳次男と母子ニュルンベルク旅行、最終日はニュルンベルク交通博物館に行って来ました。 ドイツ鉄道が運営するDB博物館と通信博物館とが併設された、ヨーロッパ最古と言われる交通博物館です。ドイツ鉄道の運営する『DB Museum』が大部分を占めるので展示の…

【ニュルンベルク動物園】Tiergarten Nürnberg【ドイツ・ニュルンベルク】

ニュルンベルク郊外の森の中にある、広大な敷地を有する動物園です。 なんと!70haもの広さがあるそうです(私調べ)、東京ディズニーランドが46haなんだそうで、あの東京ディズニーランドよりずっと広いんだ!ほんまかいな!と驚きました。 帰宅してから、家…

【評価高し!ドイツの子ども向けテーマパーク】PLAYMOBIL®-FunPark【ドイツ・ニュルンベルク】

ニュルンベルク2日目は郊外のテーマパーク『PLAYMOBIL®-FunPark』プレイモービルファンパークへ行って来ました。 プレイモービルはプラスチック製のおもちゃで、ドイツ、ニュルンベルク郊外のツィルンドルフ (Zirndorf ) に本社を置くゲオブラ・ブランドシュ…

【おもちゃ博物館】雨の日に子どもと行くなら迷わずココ!【ドイツ・ニュルンベルク】

ニュルンベルクに到着した午後、疲れ果てた次男をだましだまし引っ張ってやっと『おもちゃ博物館』へやって来ました。長い道のりやった・・・。 17時閉館なのに到着したのが15時半で、もうあんまり時間ないやん! ミニトレインは最終17時15分だから、順番を…

歴史織りなすバイエルンの古都【ドイツ・ニュルンベルク】

前回は眠い子どもが一緒でもミニトレインで旧市街観光できる箇所を紹介しました。 www.takimama.com 今回は、このミニトレインが行かないニュルンベルクの見どころをご案内します。 1.St. Lorenz Kirche Nürnberg 2.Albrecht-Dürer-Haus 3.DB Museum 4.T…

【子連れに最適】ミニトレインに乗ってシティーツアー【ドイツ・ニュルンベルク】

ニュルンベルクにお昼過ぎに到着しました。 ホテルに荷物を預け、城壁に囲まれた旧市街へと向かいます。 旧市街へはニュルンベルク中央駅から大通りを渡るか、地下道を通ってすぐに旧市街に入ることが出来ます。 まずはクリスマスマーケット会場にもなってい…

【ドイツ・ニュルンベルク】母子旅に行って来ました。【準備編】

ドイツ、バイエルン州第二の都市『ニュルンベルク』に4歳次男とふたり、母子旅に行ってきました。 長男は夏休みのサマーキャンプへ行っていていない。夫は仕事があり時間がない。 じゃあ、ママと二人でどっか行こうか? 次男:「え?どういう事?どこ行くん…

【フランス】子連れで挑戦、ストラスブール観光はこう歩く。

ストラスブールはフランスの北東部、ドイツとの国境に近いライン川左岸に位置する美しい都市です。 交通の便が良く、古くから栄えてきた都市ですがその歴史の中で何度もドイツとフランスをいったりきたり、首領国が幾度も変換することでフランスでありながら…

【ストラスブールでアルザス郷土料理】Zehnerglock

ストラスブールの大聖堂近くにあるアルザス料理の食べられる気軽なレストランです。 今回は1人でランチタイムに行ったのですが、店内には何組か子連れの家族がいましたし、店員さんもみな気さくに子連れにも対応していて、家族連れが気を遣わずに食事できる…